ロハスに暮らすシンプルライフ

LOHASに暮らすシンプルライフの何気ない毎日。手作り石けん、ナチュラルクリーニング、健康でおいしいものetc。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

>>シンプルライフのランキング
- | permalink | - | -
楽天ランキング
<< 重曹とお酢のお掃除 夏のエコ掃除講座 | main | 収納グッズが大荷物 >>

港防災センター行って来ました

9月1日は防災の日ですね。
防災の日は、1923年9月1日の関東大震災に因んで制定された記念日だそうで、
“災害への備えを怠らないように”との戒めを込めて1960年に制定。

全国で、防災訓練が行われているようです。

我が家も、昨日家族で名古屋市港区にある
港防災センターへ行って来ました。
ミニはしごカーやヘリコプターの試乗もできたので、
コドモ達は大張り切り。
缶バッチも作ってもらったり、
クイズラリーで商品もらったりと
防災というよりも、ちょっとした遊園地施設でした。

他にも、
液状化現象のコーナーや、
煙避難体験室、
伊勢湾台風を体験室、
通報体験、
非常食の試食コーナー、
地震体験室、

等々盛りだくさんでした。

とくに、煙避難体験室は、
めちゃくちゃ怖くて、
1才4ヶ月の娘をだっこして
入ったんですが、
なかなか出ることができませんでした。
暗闇の中、壁づたいにドアを探り当てて
出口を探すというのは、
想像以上に怖いことだと
改めて感じました。

体験室の案内をしてくれた
おじさんには、いろいろ防災について
レクチャーをいただきました。
例えば、
非常出口のライトがピカピカ点滅しているところは1Fだということや、
壁づたいにさわっていれば、必ず出口と入口のドアがあるから、
必ず出られるようにな構造になっているということなど、

地震体験室では、
実際に地震が起こっているなかで、
どういう対応をすればいいのかということを
実際にカラダを動かしてみることで、
良く理解できました。

この体験でよくわかったのは、
地震の特性。
災害とはどういう状況なのか、
我が家がどういう対策をしたらいいのかという
イメージがつきやすくなりました。

地震などの災害時は、
3日ほどたてば、救援物資が届くようになるため、
最低限三日分ほどの食料を準備しておけばよいとのこと。
1人、1日3Lの水が必要。
食事も1日2食
これが基本のようです。

我が家の防災対策、まだまだ完璧ではないので、
これからも引き続きしていきます。

防災を楽しく学ぶにはとてもよい経験ができました。


ミニ梯子車で大騒ぎ


ヘリコプターに試乗


通報訓練です。


伊勢湾台風を体感する部屋はとっても昭和レトロ


展示室もなんだかかわいらしいです。

展示しているので、どんなものをどのぐらい準備するものなのか
よくわかります^^。

みなさんも、近所の防災センターに一度足を運んでみては
名古屋市防災管理公社
>>シンプルライフのランキング
日々雑談 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

>>シンプルライフのランキング
- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://netkoganemochi.jugem.cc/trackback/362
この記事に対するトラックバック
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2008/09/02 9:09 PM
ブログ内検索
あわせて読みたいブログパーツ